当センターでは深い眠りを再現することにより、頭痛や耳鳴り、めまい等の不定愁訴の改善をいたします。また、睡眠の質を上げることで疲労をしっかりと回復させ、肩こりや腰痛等の生活習慣病の予防も図っております。

特許出願中である当センター独自の枕診断システムは、呼吸と嚥下のリハビリ技術(井上 登太医師)と聴診器ワーク(アメリカ製リットマンモデル)を用いて、正しい枕の高さを提案いたします。

診断のポイント

診断のポイントとしては大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  1. 頭の位置による胸鎖乳突筋の緊張と弛緩の確認
  2. 安静呼吸時における上部胸郭の呼吸音の確認
  3. 努力呼吸における横隔膜の動きの確認

 

当センターでは、皆様に分かりやすいよう上記3点を共に確認し、最適な枕の高さをご提案いたします。

枕が必要な方は当センターにてご用意しておりますのでご安心ください。
※最初はバスタオルを使用した調整方法をお教えいたします。

診断の様子と結果

今回は適合時の末梢血流循環と不適合時の末梢血流循環を測定しました。診断の様子と結果をご紹介します。

  • YKC社製 TAS9VEIW(自律神経・末梢循環測定器)
  • 指先に血管の酸素濃度と脈拍、血流量を測定するセンサーを付けます。

1.5センチの枕診断

  • 1.5センチの枕で診断を行いました。
  • 1.5センチの枕のTAS9VEIW診断結果

診断の結果、呼吸が苦しく安静呼吸・努力呼吸共に低下したため、この枕は適していないことが分かりました。高さの合わない枕を使用した際は、呼吸が苦しくなり、安静呼吸・努力呼吸共に低下します。また、動脈の血量も低下してしまいます。

6センチの枕診断

  • 次に6センチの枕で診断を行いました。
  • 6センチの枕のTAS9VEIW診断結果

呼吸が楽になり、安静呼吸・努力呼吸と動脈の血量が向上しました。したがって、この枕が適合しているといえます。

専門家の声[鍼灸師 加藤 資]

私が当センターを知ったのは、インターネットのホームページです。さまざまな施術を行っており興味を持ったため、専門家の立場として見学に伺いました。

見学の際に枕診断を受け、少しの高さの違いで呼吸の入りが変わることと、首の楽な感覚に驚き、ここで勉強したいと入職を決めました。

現在私も実際に診断をしていますが、最適な枕の高さは人それぞれ千差万別であり、それをお知らせできることにやりがいを感じています。

私自身もさまざまな場所で勉強してきましたが、当センターの枕診断は心から自信を持っておすすめできます。

当センターには、年間約40000人の方が来院されます。さまざまな症状の方が来院されますが、ほとんどの方がご自身の背景(社会環境、家庭環境、生活習慣、体の癖、筋肉や骨格の改善、血流改善)等を変える事により、症状の改善・解決に向かいます。

体のメンテナンスと予防ほど、大切なものはありません。

当センターは日本予防医学会に所属しており、常に知識と技術を磨いております。
些細な事でもどうぞお気軽にご相談ください。