小児鍼とは?

生後2週間〜小学生を対象に行い、皮膚への摩擦や接触を目的とした刺さない鍼治療です(成長するにつれ、症状や状況によっては大人と同じ様な鍼を行う場合もあります)。メリットは、痛みがない、薬を使用しないといった点が挙げられます。時間もおよそ5〜15分ほどの短い治療です。 使用する鍼には長さや刺激強度など多種多用なものがあります。
現在では、代表的な数種を使用する場合やディスポーザブル(使い捨て)鍼での治療も多く行われています。

なぜ鍼治療で症状が改善されるのか?

乳幼児はもちろんですが、子供は大人に比べ、様々なことに敏感です。そのため、大人には感じられない程度の気温や環境の変化に対してもストレスとなり夜泣きやアトピー、かんしゃくを起こしたり、喘息など過敏に反応が出てしまうことがあります。刺さない治療を行うのも敏感だからこそ、弱い刺激で十分に効果が出るからなのです。 実際の治療では、お話を伺い、何が?どこが?根本原因なのか?弱っている(虚)のか?強すぎる(実)のか?など、今出ている症状だけをピックアップするのではなく、体全体を一つとして気の流れを整えるという様な治療をしていきます。

適応症状

疳の虫(小児神経症)、かんしゃく、夜驚、夜泣き、奇声、夜尿症、便秘、不機嫌、小児喘息、アトピー性皮膚炎、湿疹、消化不良、虚弱体質など