ヘルニア

ヘルニアでお困りの方へ。
国家資格保持者による安心な施術でヘルニアをしっかり改善します。

ヘルニアとは?

「ヘルニア」とは、本来臓器や組織が収まっているところから「脱出や突出したもの」のことを指しますが、ここでは頸部や腰部の痛みやしびれの原因になるとされる「椎間板ヘルニア」について述べていきます。
椎骨と椎骨の間にある軟骨(椎間板)の一部が、本来椎間板の収まっている空間より突出することで神経を圧迫・刺激し、痛みや痺れを発症すると言われています。
症状の感じ方には個人差がありますが、腰痛と下肢痛が2大症状です。
腰痛の自覚後、下肢筋力の低下やしびれはやや遅れて出現します。
まれに巨大ヘルニアにより急性の両下肢筋力の低下、感覚障害、膀胱直腸障害が起こる場合があります。

原因

椎間板には、ほとんど血管がなく栄養は周囲組織からの拡散に依存しているため、退行変性(加齢、老化による変化)を起こしやすくなる場所です。 髄核の含有水分は、小児期の88%から、老年期には66%まで低下するため、クッション作用が減少し、そこに繰り返しの捻転外力が加わると線維輪の亀裂を起こしやすくなります。

多くの動物は重力は脊柱に対して垂直にかかりますが、人間は二脚歩行をしているので、立位では重力は脊椎と平行方向にかかり、他の動物に比べて多くの負荷が椎間板にかかります。
急に重いものを持ち上げたり、激しいスポーツによるものや、中腰などの日常生活の動作による椎間板への負荷だけではなく、最近では同一家系に発症し易いことから遺伝的な要因や社会的側面(仕事関連や家庭環境など)によるストレスや不安感などが深く関与していることも指摘されています。

好発年齢

20~40代男性に好発するといわれていますが、若年者~高齢者まで幅広い年齢層で多く見られる疾患です。

一般的治療法

保存療法①安静(コルセット利用)など②鎮痛薬などの薬物療法③温熱療法④ブロック注射⑤骨盤牽引⑥筋力強化 観血的治療①ラブ法(変性部位の切除)②脊椎固定術③経皮的髄核摘出術④レーザー椎間板蒸散法

 

メディカルジャパンにしかできない介入例

椎間板ヘルニアの治療は、いわゆる手術による観血的療法と保存療法がありますが、ここでは弊社で行う保存療法について述べることにします。

基本的には使い過ぎに寄るものが原因となっておりますので、安静にして頂くこと、また当院では患部への負荷を出来るだけ減らすための身体の使い方指導なども行っております。

予防法やリハビリプログラム

まずはその原因となりうる「中腰での作業」や「重たいものを持つ」ことを避けるなど、出来るだけ腰に負担をかけないことが重要になります。
また、腰に負担をかけない様にするだけではなく、腰周囲の筋肉を柔軟性を上げつつ強化することが必要になります。
特に治療期間においては、悪化させないためにも、無理をしない範囲での強化が必要になります。具体的には、体幹回旋筋群、殿筋群、内転筋群の柔軟性、腹圧を入れられるようにするためのインナーマッスル(多裂筋、腹横筋、骨盤底筋)の強化などが上げられます。

参考文献

『臨床医学各論』(2008)医歯薬出版株式会社