急性腰痛

急な腰の痛みでお困りの方へ。
安心の国家資格者による施術で急な腰の痛みをしっかり改善致します。

急性腰痛とは?

腰痛の中でも、突然腰が痛くなること、症状が発生したばかりの腰痛を総称して、急性腰痛と言います。
時期により、「急性・亜急性・慢性(期)」と分かれています。


急性期の中でも、特に強い痛みや炎症が起きている期間は72時間(3日間)とされていますが、症状がなくなるわけではありません。

一般的には筋・筋膜性、椎間板、椎間関節、仙腸関節といった背骨や骨盤の一部に生じた炎症などの異常によるものと考えられています。

原因

腰痛は運動習慣がない方が起こしやすく、また比較的重症化しやすいことが知られています。
急性腰痛ではこれ以外にも、重い物を持ち上げるときの姿勢や生活習慣などが深く関係しています。
例えば、膝を曲げず立ったままの状態で重いものを持ち上げようとすると腰に必要以上の負荷がかかってしまい、急性腰痛を起こしやすくなります。特に膝が悪い方は膝をかばって立ったまま動作することが多いため、急性腰痛を起こしやすくなります。

特に膝が悪い方は、膝をかばい、立ったまま動作することが多いため、より発症しやすくなります。しかし、実は原因のよくわかっていないことも多くあります。

一般的治療法

保存的療法①安静②薬物療法(消炎・鎮痛剤)

メディカルジャパンにしかできない介入例

弊社では、マッサージや鍼治療など患部だけの治療ではなく、重力下での姿勢や生活習慣・環境の見直しを行います。
その後の再発予防には、姿勢や歩き方などの専門的分析を行い、筋バランス改善の為、ホームワークやピラティスなど様々な要素を取り入れ、より強い身体作りを提供していきます。

詳しい治療法、予防法やリハビリプログラムはこちら

参考文献

‘’日本整形外科学会「ぎっくり腰」‘’<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/acute_low_back.html>