慢性腰痛とは?

慢性的な腰の痛みでお困りの方へ。安心の国家資格者による施術で腰の痛みをしっかり改善致します。

平成16年国民生活基礎調査では、日々の生活の中で感じる自覚症状として、男性では1位、女性では2位という結果が出ており、日本国民の多くが腰痛症に悩んでいることが分かっています。

慢性腰痛の多くは、筋・筋膜性腰痛(筋肉性腰痛)と呼ばれ、しっかりとした治療をしなければ何度も繰り返してしまいます。 普段の姿勢や筋肉の疲労状態、筋力や柔軟性の低下が原因となり起こります。激痛ではなく、重だるく、張りや凝るような不快な痛みに悩まされるのが特徴です。

痛みが出た際は、国家資格者がいる病院・治療院に行きましょう。 早い段階での処置を間違えてしまうと大変です。

分類

まず、腰(脊柱)に由来するものと、それ以外のものに大別されます。

腰(脊柱)に由来するもの
  • 先天異常や側弯症、腰椎分離症など、主に成長に伴っておこるもの
  • 変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など主に加齢により生ずるもの
  • 腰椎骨折や脱臼などの外傷、カリエスや化膿性脊椎炎などの感染や炎症によるもの
  • 転移癌などの腫瘍によるもの
それ以外のもの
  • 解離性大動脈瘤などの血管の病気
  • 尿管結石などの泌尿器の病気
  • 子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科の病気
  • 胆嚢炎や十二指腸潰瘍などの消化器の病気
  • 変形性股関節症など腰以外の整形外科の病気
  • 加えて、身体表現性障害、統合失調などの精神疾患や精神的なストレスによる心理的な原因による場合

上記の中でも、1番代表的な筋・筋膜性腰痛については、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

①屈曲型
②伸展型
③回旋型

それぞれどの動きで腰の痛みが増悪するのかによってどのタイプの腰痛か考えていくのが簡単な見極め方になります。
例を挙げると、腰を左右に回した時に痛みが出やすい方だと回線型腰痛と判断できます。
しかし、単純に腰だけの問題ではないことが多々あります。
お尻の柔軟性や股関節の可動域はしっかりと確保されているか。お腹の筋力はどうか。普段の立ち姿勢や生活スタイルはどのようにしているのか。ゴルフやテニスなど、身体を頻繁に捻るスポーツをしているのか。など…

上記のように単純な回旋型腰痛でも色々情報があることによって治療方針は随分と変わります。

ただほぐすだけでは1週間しないうちにまた腰が痛くなることでしょう。

回旋型腰痛以外でも、普段の姿勢や筋肉の疲労状態、筋力や柔軟性の低下が起因して起こってくるのが筋・筋膜性腰痛の特徴です。

原因

  • 長時間のデスクワーク、立ち仕事といった静的、動的な動作、寒冷など環境が要因となるもの
  • 肥満、運動不足などの生活習慣や老化によるもの
  • ストレスや不安など心理的な要素が影響するもの
  • 消化器疾患、循環器疾患、泌尿器疾患、婦人科疾患など、病気が原因となり併発するもの

診断

様々な原因があり、また病態により治療法が異なるため、正確な診断が重要となります。
必要に応じてX線(レントゲン)検査、MRI検査、骨シンチ、筋電図検査、血液・尿検査などを行います。

一般的治療法

保存的療法①安静(コルセットの使用含む)②薬物療法(鎮痛・消炎剤)③理学療法(鍼治療・運動)

観血的治療①手術療法(原因により他種に分かれる)

メディカルジャパンにしかできない介入例

メディカルジャパンのセラピストたちは、皆さんの腰痛がどのようなタイプなのか。また、ただの慢性的な腰痛ではなく、他の障害が併発していないかということをしっかり見極め、治療しアドバイスをしていきます。

ただ治療するだけでは、再発して何度も治療院に通うことになるでしょう。 メディカルジャパンで再発予防を含めた治療をしっかりとしていきませんか?ご相談、お待ちしております。

来院された方の喜びの声

ゴルフ帰りに同僚に連れられ、お世話になりました。わざわざマッサージを受けに行くほどではなかったのですが、腰痛持ちではあったので、腰を重点的にお願いしました。治療後予想以上に楽になり、少し衝撃でした!マッサージに加え骨盤矯正をしてくださったのですが、左右差がかなりあったようで、それも腰痛の原因の1つになっているとのことでした。自分では気にすることもなかったので、言われなければ気づくこともなかったと思いますが、後々体の不調の要因になるということだったので、早いうちに指摘していただけて良かったです。場所的に、通うのが少し大変ですが、新宿や渋谷にも店舗があるということなので、そちらで今後はお世話になろうと思います。ありがとうございました。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ