めまい(眩暈)とは

眩暈でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術にてめまいをしっかり改善いたします。

めまいには、回転性・浮動性・動揺性・失神性発作などの種類があります。
その中でも、突然の激しい眩暈、頭痛、嘔吐の三拍子を伴う場合は、危険を伴う場合もある為、脳に異常がないか検査を受けましょう。 しかし、多くの場合、内耳にある『半規管』と 『耳石器』と呼ばれる、平衡感覚に問題が起こり生じる、良性発作性頭位眩暈症(BPPV)になり、ストレス性のものや生活習慣から発症します。
特に、女性に多く、女性ホルモンの低下により耳石がはがれやすくなる為に起こると考えられています。

また、耳鳴り難聴を伴う眩暈の場合、内耳にリンパ液が溜まってしまい生じる、メニエール病も有名です。 30~50 歳代に多く、生活習慣やストレスによる影響が高いとされています。

分類(中枢性・末梢性)

分類方法は多岐に渡りますが、ここでは、脳血管障害の後遺症などにより発症する中枢性め まいと、内耳での問題による末梢性めまいに分けてお話しします。

中枢性めまいの場合、脳幹部や小脳での問題により起こるため、めまい症状の他に「舌がもつれる」「目を開けていてもフラフラとする」「頭の位置を変えてもめまいが残る」などの症状が見られます。
それに対して、末梢性のめまいの場合、内耳構造の問題により「回転性のぐるぐる回るようなめまい」「めまいともに難聴などの耳の 症状が出る」「頭の位置を変えることでめまいの程度が変わる」などの症状がみられます。
<診断>

中枢性めまいの場合は、上記のようなめまい以外の症状で鑑別されますが、末梢性の場合、障害部位により診断や治療法が異なります。

一般的治療

多くは薬物療法

メディカルジャパンにしかできない介入例

ストレスや生活習慣といっても、何がどのように悪いのか?など分からないことも多く、どこから、何を改善するべきか悩む方もいると思います。
弊社では,現在の自律神経の活動状況を測る 自律神経診断を行い、ストレスは溜まっているのか?どのような特徴があるのか? など診断結果を基に、運動や食事など生活習慣の評価をとりながら、その方に合わせた治療を行っております。症状の改善だけではなく、予防対策やリスク管理を専門的にアドバイスいたします。
眩暈という症状だけでも辛いものです。それにより、モチベーションの低下から引き起こされる悪循環が、QOL(生活の質)の低下させ、様々なリスクを高めてしまいます。

今後の人生を心身ともに健康で豊に過ごしていくためにも、専門家として全力で力になりたいと思います。お悩みの方は一度ご相談下さい。

来院された方の喜びの声

少し前から、眩暈に悩まされるようになり、仕事や生活に支障が出でいました。病院へ行くタイミングを伺っていたのですが、なかなか機会が取れず、たまたま出先で時間ができた為、急遽予約し、お願いする事にしました。少し良くなれば良いかなくらいの気持ちだったのですが、熱心に話を聞いてくださり、自律神経や血流の問題があるかもしれないということで、そちらの診断もお願いする事にしました。マッサージもとても気持ちよく良かったのですが、診断していただいた結果、おそらく自律神経の乱れが原因だろうということで、眩暈の理由が少し明確になったので安心できました。改善には少し時間がかかりそうですが、方向性が明確になりよかったです。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ