頭痛

頭痛

様々な頭痛でお困りの方へ、安心の国家資格者による施術で、お身体を改善致します。
頭痛とは頭部の一部。あるいは全体の痛みの総称です。後頭部と首の境界、眼の奥の痛みも頭痛として扱います。
頭痛は、熱や腹痛と同様に症状の名称ですが、慢性的に頭痛発作を繰り返す場合には病名として扱い「頭痛症」としています。

頭痛

外来初診患者の約10%が頭痛を主訴とすると言うデータがあります。
日本人の3〜4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」と言われ、そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が偏頭痛、1万人が群発頭痛といわれています。 さらに、くも膜下出血な どによる頭痛は、毎年約 1 万人〜 3 万人に発生するとされています。
また世界中で、日常生活に支障を及ぼす頭痛を、最低 40%の人が経験すると言われています。
男性よりも女性のほうが頭痛の症状を訴えることが多く、筋緊張性頭痛の6割、片頭痛の8割が女性とされています。

女性が訴えることが多い頭痛の1つにPMS(生理前症候群)に伴うものがありますが、これは生理中にエストロゲンが血中から減少し、セロトニンに何らかの影響を与えて片頭痛を引き起こしやすくなるからではないかとも考えられています。

頭痛の分類と原因

日本人の約1/3の方が悩まされている慢性頭痛は大きく3つに分類されます

緊張型頭痛

頭痛

締めつけられるような痛み

片頭痛

頭痛

脈打つ(ズキンズキン)痛み

群発性頭痛

頭痛

強烈な痛み

・筋緊張型頭痛

原因は精神的・身体的ストレスであることが多く、PC操作など長時間同じ姿勢を取り続けている人に起こりやすい病気です。頭部から首や肩の筋肉が緊張し、血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり周囲の神経が刺激され起きる痛みです。後頭部から首を中心に頭部全体が締めつけられるように痛みます。

感神経の過剰、筋肉の緊張による血管の圧迫、血液循環の不良などにより、筋肉内に老廃物がたまり周囲の神経が刺激され起きる痛みです。後頭部から首を中心に頭部全体が締めつけられるように痛みます。不安、緊張、仕事のプレッシャーなどの精神的ストレスも神経や筋肉の緊張を高め、頭痛を誘引する。

・片頭痛

自律神経・睡眠・食欲・ホルモンバランスなどの乱れで、脳の血管が拡張しズキンズキンと脈を打つような頭痛が発作性・反復性に起きます。ストレスなどが原因で三叉神経から「痛み物質」が放出され頭痛が起こる、三叉神経血管説という考えも有力となっている。

治療しなければ数時間〜数日間続きます。吐き気、嘔吐を伴うこともあり、周囲がチカチカと輝いて見える閃輝暗点などの前駆症状が出ることが多く、光や音に過敏になります。比較的女性に多く発現する特徴があります。

・群発性頭痛

群発頭痛は年に数回、連日のように片目がキリで刺されるような強い痛みが特徴で、流涙などを伴い45分〜1時間持続します。比較的青年〜中年男性に多くみられる。

原因は正確には解明されていませんが、脳の視床下部という場所に関係しているといわれています。

視床下部が刺激されると、頭部の目の奥の辺りにある三叉神経が痛みを感じ、三叉神経の辺りの血管が拡張され、三叉神経がつながっている目の奥の辺りに激痛が起こります

誘発原因としては、アルコールの過剰摂取やタバコ、気圧の急激な変化、不規則な時間帯の睡眠などが挙げられており、群発期にはこれらの要因を回避するように勧められています。

原因別分類としては、

・筋緊張

頭部の筋緊張(側頭筋)以外にも、首肩周りの筋緊張(後頭下筋群、肩甲挙筋、僧帽筋)などが影響します。

・関節のつまり(椎間関節)

頭から繋がる首の骨(頸椎)の動きが悪くなることにより発生します。

・血流障害

首から頭の名前と繋がる中へと繋がる内外頸動脈の絞扼や脳内血管の異常収縮が起こります。

・自律神経の乱れ

日内変動や週末、多忙時などに交換神経と副交感神経のバランスが崩れることにより発生します。

一般的治療法

基本的に頭痛の治療は薬物療法などの対症療法が用いられます。
しかし、これら薬物を長期に渡って常用することにより体が薬に慣れ、効きにくくなったり、「薬の効果が切れる → 薬を飲む」という悪循環に陥り「薬物乱用頭痛」と言われる症状が起こることがあるため注意が必要です。また、頭痛治療薬服用中にアルコール飲料を飲むことは、胃をあらす原因になったり、薬剤によっては体内で毒性の高い物質に変化するなどの弊害を起こす場合があります。
脳の疾患がある場合は、その原因を取り除く治療も行われます。

緊張性頭痛…消炎鎮痛薬(痛止め)や漢方薬、筋弛緩薬
片頭痛…専用薬、鎮痛剤(発作時)予防薬(頻発時) 最近では、注射薬や点鼻薬などの方法で投与できる専用薬もあります。
群発性頭痛…15分間程度の酸素吸入(発作時)血管を収縮させる注射         など…

メディカルジャパンにしかできない介入例

頭痛はさまざまな要因から発症するため、マッサージだけでは、根本からの改善をする事はできません。運動によって首や肩の筋肉を柔軟にし、強化することや、首肩に負担がかからないよう正しい姿勢を維持することも大切です。また、初期の処置を間違えてしまうと症状悪化に繋がりかねません。頭痛は痛みに対してだけではなく、身体的・精神的ストレス・食事・生活習慣などを細かくチェックする必要があります。 メディカルジャパンでは頭痛を正しく判断するため、末梢血管の容積の変化を脈波ととらえ、加速度脈波に変換し、末梢血液循環を分析。また、脈波の波高の間隔のピークから高精度に脈拍を抽出し、その変化を分析することで、自律神経の分析ができます。 診断結果を元に、的確なアプローチと対策をしていきます。

頭痛

また、様々な頭痛症状に対応できるよう鍼灸・整体・マッサージ。さらに、伊藤超短波社の530医療器・骨格矯正リアラインコアなど、数種類の治療法で対応します。

頭痛

様々な要因を1つずつ丁寧に解決していくことにより、仕事やプライベートはもちろん、これからの長い人生をより良い方向性で送ることができます

私たちは、頭痛による症状が解消に向かうために自宅でも行えるストレッチや体操をお伝えしていきます。他にも日常生活での食事・栄養指導・姿勢指導・運動指導までを行い、再発防止に努めていきます。 初めて頭痛症状が出てしまっている方はもちろん、今まで長く頭痛に悩んでいる方、治療を受けても数日で辛くなる方など、是非一度メディカルジャパンの治療を受けてみてください。

頭痛

症例別の治療方法

参考文献

Doctors File、頭痛、https://doctorsfile.jp/medication/337/

来院された方の喜びの声

夕方になると目の奥から頭にかけて頭痛が出てほぼ毎日痛み止めを使っていました。あまりに頭痛がひどく、すぐに治療してもらえる場所を探していた時にこちらを見つけすぐに駆け込みました。施術の後、目の重たさが取りきれず気になっていたのですが眼精疲労を取る機械での治療を提案していただき治療してもらうと、今までの疲労感が嘘だったかの様にすっきりとしてすっきりしていた頭までよりクリアになり衝撃的でした。頭痛の出ている場所から見て眼精疲労からくる頭痛の様でコンタクトの度の話や無痛が出るメカニズムなどかなり専門的なことまで話してくださいました。自分ではそこまで調べたりすることはありませんが、今回の様に細かく説明していただけるとスーッと入ってきやすく色々とやってみようという気になりました。人任せではダメですが、私のようにめんどくさがりな方は、こちらで刺激をもらい、きっかけ作りをさせてもらうのもありだと思います。

神経系

神経痛(三叉、肋間)/偏頭痛/歯痛/ヘルペス/帯状疱疹神経痛/しびれ